×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

足にたこができる原因

足にたこができる原因としては、主に合わない靴を履いている事が挙げられています。皮膚に対して摩擦や圧迫の刺激を受ける事で皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)が厚く、そして、硬くなってしまう事でたこが出来るんです。その為に、窮屈な足に合わない靴(小堺一機さんは百万円のクロコダイル皮製のを持っているんだとか)を履いていると、たこが出来やすい足になると言えますよね。

けれど、たこが出来やすい足には、それ以外にも原因があります。外反母趾や巻き爪、または、関節リュウマチや麻痺などがあると、足に掛かる体重のバランスが崩れる為、足の裏や指に偏った圧力が掛かります。それに、開帳足や偏平足、ハイアーチになっている方も、同じように一定の部位に圧力が集中してしまう事が多くなるみたいです。このような、足に何らかのトラブルを抱えている方の足は、たこができやすい足と言えるでしょう。

靴に問題がある場合はサイズや形が自分にピッタリしているものを選ぶようにし、足にトラブルがある場合はその治療を行う事で、足への負担も減り、たこが可能で難い足にする事が出来ます。他にも、たこと年齢は一見関係ないように思われるかもしれないですが、実は、大人の方が子どもよりもたこができやすいそうです。これは、単純に、子供がハイヒール(つま先よりもかかと部分が高い靴をいいます)などといった窮屈な靴を履かない事が理由となっているわけではないのです。

成長するにつれて足の脂肪組織が薄くなり、クッション性が低下する事が原因となっているだといわれているのです。足の裏を見れば、その人の身体の調子が分かると言います。たこが出来てしまった場合には、ちょっと自分の状態を振り返ってみましょう。