×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

関節痛が起こるのは

病気が原因で、関節痛を引き起こしている場合もあります。

関節痛を起こす病気は、以下の通りです。

・関節リウマチ
・シェーグレン症候群

関節痛(原因として代表的なのが、通風や関節リウマチ、変形性関節症などです)を起こす病気として最も代表的なのが、関節リウマチ(自覚しているよりも症状の悪化が早く起こるため、速やかに病院にいく必要があります)です。

関節リウマチとは、30代〜50代の女性に多く見られる病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)で、免疫異常によって発症するといわれています。その症状というのは関節痛以外に、発熱や腫れ、体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は畭なるものです)減少などですね。

症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が悪化していくと、貧血(女性の場合には、生理や妊娠があるため、男性よりもどうしても貧血になりやすいといえます。サプリメントなどを利用して、積極的に鉄分を摂った方がいいでしょう)や腎臓障害も併発するケースがあります。

中高年の女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の方で関節に痛みを感じ始めた場合は、関節リュウマチの可能性があるので、一度病院で検査を受けられた方が良いでしょう。

シェーグレン症候群も関節リウマチと同じように、自己免疫に異常が生じて引き起こる病気です。関節痛や口の渇き、目の乾き、眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ているのかもしれません)、味覚障害等の症状が現われます。

もし、このような症状が現れた場合は、シェーグレン症候群の可能性があるので、受診された方が良いでしょう。このように、関節痛が病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)からきているケースもありますから、そのまま放置するのは止めてください。